アルバイトの人でもお金を借りることができるのか

キャッシングはアルバイトの人でも借りることができる可能性が高くあります。条件として20歳以上であるのかどうか、そして収入があるのかどうか、ということになります。目的ローンなどのようなものではないのであれば実はそんなにハードル自体はそんなに高くないことが多いです。あくまで個人に対する信用貸しというのはそんなに貸せる金額が大きくないのです。

アルバイトでもそれなりに稼いでいるのであれば、これはまったく問題ないことが多いです。10万円、20万円程度であれば普通にバイトで稼いでいるのであれば貸してくれる可能性が高いです。アルバイトにもいろいろと種類がありますがどんな仕事なのか、というのはそんなに大きな問題にはならないです。

人生初の借り入れをレイクでしました

敷金ゼロキャンペーンをしているアパートに住んでいたため、退去時にお部屋のクリーニング代と壁のクロスの修理代を請求されました。

しかし、あまりにも高額で自分で賄えることができず、初めてレイクに借り入れをしました。

借り入れする決心をするまでは、なんとなく怖いイメージが強く、冷たそうな担当者に契約書を渡されてサインをしていくものだと思っていたのですが、借り入れする契約する際も無人機での入力でしたし、オペレーターの方も優しそうな女性だったのでとても安心しました。

毎月の返済額も自分で決めれるし、遅れそうなときは電話をすれば頻繁に架電されることもありませんでした。

コールセンターの女性もとても親切で丁寧に対応してくださるので電話も怖くありませんでした。

返済もセブンイレブンにあるATMで可能なため、誰かに見られても入金しているようにしか見えないというのも安心できる点になります。

今は完済しましたが、もしまたお世話になることがあるかもしれないので、カードはそのまま残してます。

「キャッシングの申込みについて」

現在海外に3ヶ月ほどいます。私はキャッシングを今まで使った事がありませんでした。

しかし、今になってキャッシングの手数料が思った以上に安いと言う事を知りました。

今まで銀行のキャッシュカードからのATM引き落としでキャッシングしたり、現金を現地で両替をしてきましたが、銀行の手数料でも1回に800円近くとられたり、現金の両替も店舗によってまちまちですが、手数料と為替レートのダブルで引かれるので良くないです。

また、高額になると両替時に騙されるリスクも生じます。

そこでクレジットのキャッシングが安いということを友人から教えてもらいました。

申し込みに審査が必要ということでしたが、キャッシングの審査は非常に緩く、ネットバンキングから申し込みをして3日後にはおりました。

キャッシング申請が何故このように早いのかは、恐らく前職の時にカードを作っていたことによる信頼度です。

カード自体は働いていないとほぼ通らないので、キャッシングも働いていること、または働いている前提で申請をすることですんなり通ります。

そこに必要な書類は何一つ必要ありません。

カードさえ通ればキャッシング利用額を上げすぎない限りは通るということです。

これは私が3つのクレジットカードを全て申請して通った結果です。

急な出費には即日融資可能なキャッシングが便利

すぐに対処することができないことのひとつに急な出費があります。あらかじめ予想できる範囲内の出費であれば前もって予算を組んで手持ちの現金を余分に持っておくなどの対処法がありますが、全く予想していなかった出費を伴う予定が入ってしまったというときにはすぐに対処することができないからです。

そのようなときには消費者金融のキャッシングがおすすめです。消費者金融のキャッシングならばウェブ上からや自動契約機からすぐに申し込みの手続きをすることができわざわざ業者の店舗に足を運ばずに済み、即日融資を受けることも可能だからです。手持ちの現金があまりないというときの急な出費には消費者金融のキャッシングがとても便利です。

郵便局にもカードローンがあるらしい

先日地域一の大きな郵便局の窓口に行った際、「したく」というカードローンのパンフレットが置いてありました。私はボソッと「郵便局でもカードローンやっているんだ」と言うと、窓口の女性が「こちらは実はスルガ銀行のカードローンなんです」と言うのです。

どうやらスルガ銀行カードローンの代理店として、「したく」と名付けて郵便局で取り扱っているようなのです。

パンフレットには、「したく」の融資限度額は500万円(初回借入は300万円まで)、金利は年7~14.9%と書かれています。窓口の女性に聞くと、「審査は即日で行われるものの、融資までには1週間ほど見ておいて下さい」と言われました。

そして「10万円の借入なら毎月3000円の返済で大丈夫です。契約されますか?」と誘われましたが、やんわりと断りました。郵便局ならではの安心感は買えますが、利便性は高くはないようです。