主婦がキャッシングを利用するには

専業主婦がキャッシング利用することはかなり難しいようになってしまいました。原因は2010年に貸金業法の改正によって導入された総量規制の為です。総量規制は年収の三分の一以上の借入ができなくなるという制度で法的な規制でありますので、貸金業者は総量規制の金額以上の貸付は行わなくなりました。

専業主婦であれば収入がありませんから、総量規制のもとでは全くキャッシングができないという事態になってしまいます。

それでも、専業主婦がキャッシングを利用する方法はないではありません。それは次の二つです。

一つは総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用することと、もう一つは配偶者の収入と合算することによる配偶者貸付を利用することです。

ただし、この二つの方法と使えば法律上で違法にならないというだけで実際には銀行のカードローンは審査が厳しいですし、配偶者貸付を行っている業者はあまり多くないという事実もあるので、難しいのは変わらないと言っていいでしょう。