融資の限度額の希望は自分の好きな金額を書きましょう

キャッシング会社を選ぶ上で重要なのは、金利と限度額です。
金利に関しては広告にも書いてありますし、申し込みをする際にどれくらいの金利になるかはだいたい予想が付きます。
しかしながら、限度額に関しては最低限この金額になるというような説明があまりないことも事実です。
そのため、初めてキャッシングの申し込みをする方は戸惑われることがあるようです。

この限度額(申し込みの段階では融資希望額とも書かれています)に関しては自分の今必要なお金を正直に記入すると良いでしょう。
希望する額が高すぎるために審査に落とされるということはほとんどありません。
もし審査に落ちるとするならば、収入の額がその会社の基準に達していなかったり、過去に返済が滞ったことがあるなど、他の理由であることが考えられます。

キャッシングの限度額は属性による

人気キャッシングの審査の実態
http://www.thecompania.com/

消費者金融などでお馴染みのキャッシングは、易しい審査で知られています。実際、銀行カードローンの審査には落ちてしまったけれど、消費者金融のキャッシングの審査には通った、という人は多いのです。

そんな易しい審査のキャッシングですが、その利用できる限度額もまた、審査によって決まるのです。しかし残念なことに、実際に限度額を幾らの金額にしてくれるのかということに関する審査は、決して易しいとは言えないのです。つまり、キャッシングを利用することができるかどうかに関する審査は易しいけれど、具体的に何円まで貸してくれるのかという点に関しての審査は、決して易しいとは言えないということです。

ところで審査結果とは、その人の属性レベルによって決まります。ですから基本的に、属性の高さは限度額の高さと比例すると考えて間違いありません。属性の高い人は利用限度額を高く設定してもらえますが、属性が低い人は限度額も低くなってしまいます。それゆえ、同じキャッシングの審査に通った人たちの中でも、限度額を高くしてもらえるのは属性が高い人だけです。

ただ、現実的なことを考えると、審査の易しさに魅力を感じてキャッシングに申し込む人というのは、元々、自分の属性に自信の無い人が多数です。ですから、ギリギリで何とか審査に通ったという人も多いと考えられます。残念ながら、そのようにギリギリで審査に通った人の限度額は、どうしても低めになってしまうことは避けられません。「キャッシングは審査が易しいので、きっと限度額も多めに設定してもらえるだろう」などという甘い期待は、最初から抱かないほうが賢明と言えます。

結論として言えることは、キャッシングの限度額は比較的厳しく審査されるということです。何しろキャッシング会社も商売でお金を貸すわけですから、属性が低めの人には高額の限度額などは認めないのです。たとえば、属性が低い人が100万円の限度額でキャッシングに申し込んでも、審査には通ったけれど限度額は10万円しか認められなかったというようなケースは多いのです。